ドコモの新プランはおトク?「ギガホ」「ギガホライト」とは?

ガジェット
スポンサーリンク

2019年6月1日よりドコモで新プランが開始されます。

それは「ギガホ」「ギガホライト」の2つのプランです。

総務省の鶴の一声が発端で開始されるプランですが果たして本当におトクなのでしょうか?

ということで、今回はドコモの新プランについて解説します。

スポンサーリンク

プランは2つだけでわかりやすい!

プランが2つになりわかりやすくなった

以前までは複数のプランがあり、わかりにくいプラン形態でした。

しかし、今回の新プランは2つしかありません。

さらにこれは、パケット通信料と通話料がまとまったプラン形態なので、単純明快でわかりやすくなっています。(以下の価格は全て税抜きになります)

ギガホ

まずは1つ目のギガホから。

プラン名ギガホ
月額料金30GB 6,980円(2年契約なしの場合8,480円)
通話料金30秒/20円(家族間通話無料)
制限後速度1Mbps

30GBを使う場合、以前のプラン「ウルトラデータパックLL」では8,000円でした。

そのため、最安だとしても

ウルトラデータパックLL 8,000円

シンプルプラン      980円

SPモード使用料      300円

計9,280円

だったので、単純に2,300円おトクになっています。

また、注目しておきたいのが制限後の速度です。

30GB使い切って速度制限を受けたとしても1Mbps の速度なので、ブラウジングやSNSなどはストレスなく使うことができます。

ギガホライト

プラン名ギガホライト
月額料金~1GBまで利用の場合 2,980円

~3GBまで利用の場合 3,980円

~5GBまで利用の場合 4,980円

~7GBまで利用の場合 5,980円

(2年契約なしの場合+1,500円)

通話料金30秒/20円(家族間通話無料)
制限後速度128Kbps

ギガホライトは段階制のプランです。

以前のプランでいう「ベーシックパック」のステップアップに近いイメージです。

7GBで5,980円とやや割高感があるので、ヘビーユーザーはギガホを最初から選択しておくと良さそうです。

注意が必要なのが制限後の速度です。こちらは128Kbpsになってしまうので、使いすぎは厳禁です。

通話し放題はオプションに

選べる通話オプション

通話し放題は基本プランから外れてオプションとなりました。(加入は任意)

プラン名月額料金
かけ放題(5分間)700円
かけ放題(無制限)1,700円

旧プラン「カケホーダイライト」「カケホーダイ」に相当するオプションです。

あくまでもオプションなので、通話が必要ない人は加入しないこともできます。

複数回線でさらにおトクに

ドコモ光セット割

これは旧プランにもありましたが、新プランでも引き続き継続されます。

月々1,000円の割引を永年受けることができます。

みんなドコモ割

これは家族割引です。

家族で複数の回線を契約している場合、2台で500円/月、3台〜1,000円/月の割引を受けられます。ただし、タブレットなどのデータ通信のみのプランは対象外なので注意が必要です。

ギガホ割※期間限定

9/30までにギガホ、ギガホライトを申し込んだ方を対象に6ヶ月間ギガホの月額を1,000円引きにする「ギガホ割」を受けることができます。

端末割引はなくなる!

新プランでは、これまであった

「月々サポート」、「端末購入サポート」、「docomo with」

といった機種の割引プランが対象外になってしまいます。

その代わり

「スマホおかえしプログラム」

という新しいプランがスタートします。

しかし、これはあくまでも36回分割払いにした端末を、24回払い(2年)終了時にドコモへ返却し、残りの支払いを相殺してもらえるというもの。

特にiPhoneなどは中古でも値崩れしにくいので、キャリアに返却すると損してしまうこともありそうです。

人気機種は下取り(買取ショップなど)あまり人気のない機種はドコモへ返却といった対応が必要となりそうです。

実際の料金は安いのか?

実際の料金ケースをシュミレートしてみます

僕の現在のプランでシュミレートしてみます。

カケホーダイライト1,700円
ウルトラデータLパック6,000円
SPモード使用料300円

合計 8,000円

新プランの場合

ギガホ6,980円
かけ放題5分間(オプション)700円
SPモード使用料なし

合計 7,680円

わずかですが、320円安くなりました。通信料も30GB使えるのでよりおトクとなりそうです。

また、地味ですがSPモード使用料もなくなったのも大きいです。

そもそもSPモード使用料というのはiモード時代の遺産と思い、なんなのかよくわからない感じでもあったので、なくなったのは地味ですが大きいです。笑

結論:本当にわかりやすくなった!でも安いかは疑問

結論でいうとプランはわかりやすくなりました!

通話料金とパケット通信の一体化はもちろんのこと

SPモード使用料の廃止などで、細かいオプションがなくなったのでわかりやすくなりました。

ただ、7GB以下のデータ通信をしない人にとっては正直あまりトクではないようです。

  • 20GB以上データ通信を使う人はおトク
  • 機種代は実質値上げになるので頻繁な買い替えは難しそう
  • ギガホは制限後でも1Mbps出る。
タイトルとURLをコピーしました