Webライターは副業に最適!主婦でもサラリーマンでも気軽に挑戦できる

Webライティング
スポンサーリンク

ライター業というと一昔前では大手メディアでの執筆や、雑誌のコラムを手掛けるなど、ややハードルが高い職業でした。

しかし、現在ではクラウドソーシングなどで誰でも仕事を受注し、仕事をすることができる時代となっています。

なぜWebライターが副業に最適なのかを解説します。

スポンサーリンク

参入ハードルが低い

初期投資が少ない、環境次第では0円

PCを保有している人で、自宅にインターネット回線があれがすぐにでも始めることができます。

officeソフトやセキュリティソフトも併せて入れておきたいソフトですが、これらはすでにインストールしている方も多いと思われますので、参入へのハードルは低いと言えそうです。

アフィリエイトではサーバー代、ドメイン代などなど…

1年単位では1万円~2万円程度で済みますが、それでも手探りの状態での先行投資は不安なものです。

資格が不要

クライアントから特別保有資格を指定されなければ、Webライターに於いて資格は必要ありません。

日本で活動する場合、日常的な日本語にさえ支障なければ執筆することができます。

専門性の高い記事や、クオリティが求められるような案件も確かにありますが、ブログの延長線上で始められるような案件も多々ありますので、自身がないという方はそういった案件を選ぶと良いです。

クラウドソーシングに登録しよう!

まずはクラウドソーシングを利用すると良いでしょう。

いくら文章を書いたとしても、それを評価してくれるクライアントがいなければ、収益を上げることはできません。

ライターとクライアントを結び付けてくれるサービスこそクラウドソーシングです。

登録は無料なので、まずは登録してみて自分に合うサイトを見つけましょう。

クラウドソーシング「ランサーズ」

Webライターで活動する利点

頑張りに比例して稼ぐことができる

基本的な報酬形態として主に

  • 記事単価(1記事●●●円)
  • 文字単価(1文字あたり●円)

上記の2つのパターンがあります。

それぞれの単価は安いものから高いものまで幅広くあります。

それぞれに共通して言えることは「やった分だけ報酬になる」事です。

確かに最初の頃は安い金額かもしれませんが、文字単価0.5円でも3,000文字の記事を作成すれば1,500円になります。

これを単純に10記事書けば15,000円です。

このように、例え少額だとしても書いた分は評価され、確実にコツコツ稼ぐことができます。

リスクが少ない

例えば物を販売するなどの場合、「仕入れ」というリスクを伴います。

在庫が売れ残ることや、金額が大きくなってくると商品の仕入れの都度に帳簿を付けなければならない等、手間もリスクもあります。

Webライターは、仕入れる必要がないので、売り上げた金額=利益になり、単純明快です。

マイペースで仕事ができる

兼業の方や、主婦の方にとってこれは大きいと思います。

納期さえきっちり守れば、作業する時間を問われない案件が多いです。

そのため昼間は本業、夜はWebライターとすみ分けをすることができます。

外出先でもPCさえあれば作業できるので、仕事する時間は自由自在です。

まずはやってみましょう!

やはり自分で実際にやってみない事には勝手が掴めないと思います。

環境が揃っているのであれば、費用は掛からないのでまずははじめてみましょう!

タイトルとURLをコピーしました