クラウドソーシングで最低限守りたいルール・マナー

Webライティング
スポンサーリンク

ランサーズ、クラウドワークスなどのクラウドソーシングでは、信頼を獲得しなければ仕事を受注することができません。

今回はクラウドソーシングをやっていくうえで、最低限守りたいマナーについて解説します。

スポンサーリンク

プロフィールを充実させる

副業に挑戦!ランサーズを始めたらしたいこと

こちらのページで詳しく解説していますが、まずはプロフィールを充実させましょう。

ランサーズで言えば100%にしておきたいです。

特に、免許証や携帯電話認証などの本人確認は、していないと案件自体を受注するスタートラインにすら立つことができません。

誤字脱字がないかも必ずチェックしましょう。

タスク案件、少額案件で実績を積む

まずは実績を作りましょう!

仕事の受注した件数が0だと、提案をしたときに採用される可能性はかなり低いです。いくらプロフィールで実績を語っていてもその信ぴょう性を疑われかねません。

評価は星の数1~5と、コメントで残されます。

やはり、実際に作業実績があり、良いコメントを残されている人のほうがクライアントは安心して仕事を任せることができます。

最初のうちは実績作りとして、単価が安めで、ボリュームの少ない案件をこなすと良いでしょう。

メッセージのチェックはこまめに行う

メッセージは最低でも24時間以内の返信を行ってください。

クラウドソーシングサイトでは、24時間返信率が表示されるサイトもあります。

案件によっては早急に対応してほしいものや、急に納期が早まるなど、クライアントとしてすぐに返信してほしいケースもでてきます。

兼業の方では昼間の返信は難しいかもしれませんが、通勤時間やお昼の休憩時間などを利用して、メッセージに迅速な対応を心掛けておきたいです。

仕事の詳細は細部まで見渡す

仕事を受注するうえでの大前提です。

特に気をつけておきたいこととして

  • 受注金額を確認する。文字単価で計算しているのか、1記事あたりの価格なのか間違わないようにする。
  • 納期。納期の横に依頼日時などが併記されているので間違わないように気を付ける。
  • 設問に対して確実に返答する。クライアントによっては、提案の詳細に設問を記載している方もいます。それらの設問に対してはもれなく返答しましょう。
  • テンプレートの使いすぎに注意。例文やテンプレートの使いまわしはクライアントにいい印象を与えません。大枠はテンプレートだとしても、クライアントの要望によって書き分けることが大切です。

丁寧な対応を心掛ける

大前提として丁寧な対応を心掛けることが必要です。

クライアントの目線に立って、丁寧な対応をすることで、自ずと受注も成功すると思います。

タイトルとURLをコピーしました