スマホの必需品!保護フィルムの種類を解説

ガジェット
スポンサーリンク

「最近のスマホは高い!」

屋外で落としたらバキバキに。。。

僕も何度もやらかしました。(主に飲酒時)

そんな時に必須と言えるのが【スマホ保護フィルム】です。

保護というと衝撃から守るだけと思いきや、それ以外にも機能や種類が豊富であるのがスマホ保護フィルムの魅力です。

スポンサーリンク

スマホ保護フィルムの素材の種類

PET

最も安価な素材です。プラスチックですね。

100円ショップにも売ってますし、万が一失敗しても損害は少なく済むでしょう。

ただやはり以下の素材よりも材質としては劣ってしまいます。

プラスチックなので傷がついてしまい、画面の視認性が悪くなってしまうデメリットもあります。

TPU

PETと似ていますが、これはTPU(熱可塑性ウレタン)です。

プラスチックと比較して柔らかい素材なので、貼りやすいです。あまり保護フィルムを貼るのを苦手な人にもオススメです。

小傷は付きにくく、画面の視認性も高いですが、プラスチックほどではないですが傷がつく場合もあります。

ガラス

これはそのままガラス素材のフィルムですね。

価格は上記2つよりも高いですが、形がガラスなだけあってしっかりしており、TPUよりも貼りやすく、埃が入ってしまった場合でも貼り直しもできます。

小傷や傷も付きにくく、表面の滑りも良いのでフィルムを貼っていないような感覚でフリックなどもできます。

しかしデメリットも残念ながらあります。

それはスマホの画面と同じく落下させた時に割れてしまう点です。

スマホ本体の保護性は高いので、ガラスフィルムが割れても本体は無事であることもありますが、ガラスフィルム自体も1000円〜ほどするものが多いのでちょっとした打撃になります。

 

ヒドロゲル

これは最近出てきたフィルムです。

上記3点のいいとこを全て持っているような理想的なフィルムです。

ガラスよりも滑りが良いです。

そしてこのフィルムは自己修復能力(男のロマン)があります。

流石に大きな傷は治りませんが、ちょっとした擦り傷などは自己修復するというものです。ガラスのように割れてしまうこともありません。

ただやはり値段は1番高価です。

貼るときのアダプタなどが付属してくる物が多いので、自信ない方でも取説に従えば簡単に貼ることができます。

保護効果だけじゃないスマホ保護フィルムの能力

ブルーライトカット

ブルーライトカット眼鏡がありますが、保護フィルムにもあります。

ブルーライトは目にダメージを与えたり、夜寝る前に浴びてしまうと睡眠妨害にもなったりと、現代人には切り離すことができない問題です。

スマホは頻繁に使うものですので、できればブルーライトカットを選んでおきたいです。

アンチグレア

指紋がつきにくくなるフィルムです。

PET、TPUに多い機能です。ガラスや、フィルムがない状態だと指紋が着いてしまい、画面が見えにくくなることもあると思います。

アンチグレアフィルムは指紋が着きにくいのでそういった方へオススメです。

しかし、アンチグレアフィルムは画面に細かな凹凸があり指紋を防止するものなので、ガラスなどと比較すると若干白っぽく、やや視認性に劣ってしまいます。

覗き見防止

上下左右から見た時に格子状などになり、覗き見防止する機能です。

これは電車などの公共機関で横からの視線が気になる方へオススメです。

自分にあった保護フィルムを見つけよう!

スマホ保護フィルムはまず使ってみなければ良し悪しがわかりにくいです。

ただやはり、落とした時に守ってくれる「保険」の意味合いでも是非とも付けておきたいものです。

自分の用途にあったスマホ保護フィルムを見つけましょう!

 

 

 

 

 

タイトルとURLをコピーしました