【初心者の方へ】Webライティングの書き方、構成の基本

Webライティング
スポンサーリンク

文章を書くといっても、本や雑誌で読まれる文章とWebライティングで書く文章とでは構成が違ってきます。

いざ何か書こうと思っても、中々書きたいことが出てこなかったり、書きたいことがあったとしてもまとめられないことも…

今回はWebライティングを書き進めるコツを書いていきます。

スポンサーリンク

Webライティングの特徴を抑える

結論を先に書く!

小説などの文章構成では起承転結といいますが、Webライティングにおいては

「結」から始まる文章が理想的です。

結論を先に書くことで、読み手の人を引き付けることができます。

いくら長い文章を頑張って書いたとしても、興味をもって見てもらい始めなければ

意味のないものになってしまいます。

基本的に読む人は文章のほとんどを見ていないものだと考えましょう。

そこで、まず読む人にとってのメリットを提示してあげることです。

メリットを提示されることで読み手は興味がわき、その文章全体を読み進める

気になってくれます。

小見出しでも結論が伝わりやすいようにする

各小見出しでも、伝えたい情報を見出しに入れることでわかりやすくします。

やはりここでも、読み手は流し読みが多い事から伝いたい事柄を先に伝えます。

記事の書き手としては読み手がすぐに離脱されることが一番の損失なので

まずは興味を持ってもらうことが重要です。

タイトルと同じくらい大事になってきます。

リズム良く読ませることを心掛ける

経験の少ない方に多いのが、冗長表現が多い事です。

Webライティングにおいては、箇条書きのようにポンポンリズム良く並んだ文章のほうが

読みやすい性質があります。

文字数を増やそうとし過ぎてしまうあまり、無駄に語尾を丁寧に書いてしまうなど

そういった冗長表現は読み手に嫌われます。また、SEOの観点からも検索に不利に働き

ますので、シンプルな言い回しを心掛けましょう。

基本的なことも忠実に行おう

書きたいことをまずまとめる

書きたい文章の内容を箇条書き、または単語をまとめましょう!

この時、ネガティブなことは考えずに書きたいことを書き殴り、その後に整理して書き進めていくとアイディアが詰まることが無くなります。

この時出したアイディアなどは、複数記事を書くときにも役立ったりするのでアイディア帳のような物を携帯しておくと良いでしょう。また、メモはスマホなどで管理するよりも手書きで紙媒体に出力した方が記憶にも残りますし、いつでもどこでも書くことができるので紙のメモ帳をオススメします。

文体を揃える

これはWebライティングに限ったことではありませんが、「です・ます調」と「だ・である調」

を混在して書いてはいけません。

混在してしまうと、読み手にとってまとまりのないようなイメージを与えてしまいますし

リズムも悪くなってしまいます。

それぞれのメリット・デメリットを理解した上でどちらかを決め、書いていきます。

正しい日本語の使い方を心がける

「てにをは」や「ら」抜き言葉に気をつけて文章を書き進めます。

てにをはとは

・アイスは美味しい。

・アイスが美味しい。

といったように「格助詞」の使い方一つでその言葉全体の伝わり方が異なってくることです。このケースの場合「が」の付いた分の方がよりアイスが美味しいような印象を与えることができます。

次に「ら」抜き言葉です。

・アイスを食べれる。

・アイスを食べられる。

この場合、下が正解です。

普段の話し言葉では意識していないかもしれませんが、やはり文章として記すと違和感がありますので、意識して改善しましょう。

最近では言葉使いが時代とともに進化し、ら抜き言葉も正しいというような識者の意見もありますが、正しい言葉使いでないと見る人によっては稚拙なイメージを与えかねないので、正しい日本語を心掛けてましょう。

必ず見返してチェックする!

これも基本ですが、必ず1回ないし2回程度は見直して置きたいです。

誤字脱字はもちろんですが、前項の日本語の使い方なども併せて確認します。

仕事を受けるクライアントとの信頼関係の構築や、読み手に対する説得力にも関わってくるのでしっかりとチェックしましょう!

誤字脱字以外にも、ソース(情報元)の正確性も重要です。

信頼性を持たせるためにも、具体的なデータグラフなどを引用すると信頼できる記事が出来上がります。

まずはやってみる

数をこなさなければ実際の作業イメージは沸きにくいので、今回紹介した手法を踏まえて、まずはWebライティングに挑戦してみましょう。

作業していく過程で自分の弱点や課題が明確になってくるはずです。

【兼業でも!】まずは月1万を目指す!WEBライティングで目標金額をコツコツ稼ぐ方法

 

 

 

タイトルとURLをコピーしました