甘い言葉に要注意?!いろいろなインターネットビジネスをまとめてみた

Webライティング
スポンサーリンク

「月に100万稼げました!」や

「必ず儲かる!!」

など…少しネット検索しただけで様々なネットビジネス情報が出てきます。

しかし、本当に稼げているかはその人しかわかりません。

中には取引履歴を公表している人もいて、信頼できる情報もありますが大半は実態のわからないことが多いです。

スポンサーリンク

インターネットビジネスとは

読んで字のごとく、インターネットを使って行うビジネスです。

大手で言うとAmazonや楽天などのネットショップなどもインターネットビジネスに入ります。

インターネットビジネスとだけ聞くと、怪しそうと勘ぐる人もいるかもしれませんが、現代社会では欠かせない

ビジネススタイルの一つです。

インターネットビジネスの種類

ネット販売系

ネットショップを運営して販売する方法がまず挙げられます。

しかし、仕入れやサイト構築がやや難しいこともあって個人では中々敷居が高い方法です。

個人ではオークションなどので家にある不用品などを売って販売することです。ヤフオクなどが有名ですね。

転売して稼ぐ方法もありますが、スマートフォンなど型式が落ちると価値が下がるものもあるのでやや仕入れのリスクなども発生します。

また最近ではメルカリやラクマなど、オークションよりも手軽で簡単に売ることができるサービスが活発化しています。

投資関係

株、FX、仮想通貨など。

これは当たれば大きいですが、リスクはご承知の通り高いです。

いくら知識を身に着けていても、リーマンショックなど思わぬ金融危機によって大きな損害が出ることも…僕も手を出しましたがあまり振るわず…

アフィリエイトサイト運営

HPを開設して、そこに企業のバナーなどを設置してそのアクセスや物販成果で報酬を得るというサービスです。

アメブロやライブドアブログなど、無料のブログサービスでも始められますが、その場合運営元の広告などが入ってしまい、思うような収益を上げることができません。

やはり、自分でサーバーを借り、ドメインも取得してサイト運営することが現在では一般的な選択肢でしょう。

サーバー代、ドメイン代などの経費も掛かってくるので、相応のリスクも発生してきます。

❝日本アフィリエイト協議会による「アフィリエイト市場調査2015」より引用❞

しかしながら、収益を上げるのはハードルが高く、月に3万以上稼ぐとなるとわずか4%の人しかいないのが現状です。

ネット界隈には月※※※稼げる!!といった謳い文句が蔓延していますが

実情は厳しめなようです…

YouTubeなどの動画配信

子どものなりたい職業ランキングに入ってくるなど、世の中の認知度も高まっているのがYoutubeなどで動画配信するYoutuberです。

pv数を稼ぐことで広告収入を得ることができるのでリスクは少ないかもしれません。

ただ、動画編集が大変なことや、それも毎日のように継続していく必要があるので、根気良く

取り組まなければ中々まとまった収益を上げることが難しいです。

Youtubeが有名ではありますが、その他の動画配信サービスとしてニコニコ動画やスマホでも気軽に配信できる

BuzzVideoなどがあります。

クラウドソーシング

私はこれを一番おすすめしたいです。

始めたばかりの人でも、単価が安い案件を中心にではありますが、確実に収益を上げることができます。

それに、時間を消費すること以外のリスクがないからです。

初期費用が掛からないということも大きなアドバンテージではないでしょうか。

スキルがある人は専門的なこともできますし、スキルが例えない人でもタスク案件でアンケートなども

ありますし(単価は安い)、ライティングなどは敷居も低いものがあるので取り組み易いかと思います。

ランサーズ

クラウドワークス

ザグーライティング

上記以外にもありますが、主に最近主流であろうのが上記3社です。

やはり、無料で始められるというのが一番のメリットです。

クラウドソーシング「ランサーズ」

情報商材に注意!

ネットにはよく

「これを真似するだけで必ず儲かる!」

などといった甘い言葉が散見されますが、これらには注意が必要です。

中には本物もあるかもしれませんが、大半は当たり前のことが書いてあるような教材が多いです。

 

簡単に儲かる方法は存在しない!!!

すべてに共通して言えることですが、簡単に儲かる方法は残念ながらありません。笑

どれも初期投資をしたり、時間を割いて取り組まなければなりません。

メルカリやオークションなどでも、不用品を売るだけでは一時的な儲けに過ぎず、継続した収入を

得ることは難しいです。

その中でも、やはりリスクのすくないものを選択したいところです。

 

クラウドソーシング「ランサーズ」
タイトルとURLをコピーしました